ストア

麻布ブレインズ・スクール「プロ経理養成講座」オンデマンド講座

麻布ブレインズ・スクール「プロ経理養成講座」オンデマンド講座

学習 ストア その他
eラーニング

決算書の見方・読み方・経営分析

★★★★★ レビュー15件(平均4.7)

経理職パーソンの多くが、年次決算業務(決算書の作成、または作成補助)に携わったことがあると思います。しかし決算書から経営状態を分析し、例えば、経営責任者から
「わが社の経営(財務)的課題は何だと思いますか?」
と聞かれても、答えられる方は少ないのではないでしょうか?

人口知能(AI)の技術が発達し、近い将来、AIが決算書を作成してくれる時代が訪れるかもしれませんが、作成された決算書から企業の経営状況を読み解く力(分析力)は、いつの時代にも求められるスキルです。

本セミナーでは、決算書の分析するための基礎力を習得したい経理パーソンを対象に、決算書(損益計算書・貸借対照表)の基本的な構造を理解した上で、決算書の見方・読み方を解説するとともに会社経営に重要な経営分析の手法、指数の見方、改善点などを実際の決算書を通じて、会社の実態を把握し、強い会社に変えるための経営改善手法をわかりやすく解説します。

また、従来の決算書からキャッシュフローを読み解く方法もご紹介しますので、新規取引先の与信管理で注意すべき点が把握できるようになります。
このセミナーで、決算書から企業の経営状態を読み解くために必要な基本的な分析力を身につけ、いつも時代にも重宝される経理パーソンへの一歩を踏み出しましょう。
皆さまのご参加をお待ちしております。

¥15,000(税込)
eラーニング

資金繰りの実務とキャッシュフロー計算書作成

★★★★★ レビュー11件(平均4.6)

-----------------------------------------------------
■資金繰りの着眼点から
要因分析・改善策を、実践解説!
-----------------------------------------------------
上場企業の経営者やCFOの方の多くが「経理パーソンには、手を動かす人はいるが、一緒に経営を考えてくれる人は非常に少ない」とお話しされます。

実際に中小企業の多くで経理スタッフに求めるスキルは、日常経理から月次、年次決算業務の経験が多いため、どちらかというと「資金繰り」についての関心は低いかもしれません。

しかし本来、経理パーソンに求められる役割は「目の前のルーチン業務を処理することができる」ことではなく、「処理した結果を会社のためにどう活かすか」です。

本セミナーでは、キャッシュフロー計算書や資金繰り表の作成から資金繰りを良くする・悪くする要因分析と、資金繰りの改善の具体策を、豊富な演習を交えて徹底的に解説。「ルーチン業務ができる経理パーソン」から脱却し、「財務体質改善の分析ができる経理パーソン」を目指します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

¥15,000(税込)
eラーニング

管理会計入門

★★★★★ レビュー31件(平均4.5)

上場企業の経営者やCFOの多くが「経理パーソンには、一緒に経営を考えてくれる人は非常に少ない」とお話しされます。

実際に中小企業の多くで経理スタッフに求められるスキルは、日常経理から月次、年次決算業務の経験など、いわゆる「財務会計」が中心です。

しかし、経営者やCFOの方は経理パーソンに対して、経営に役立つような情報を提供してくれる「経営参謀」としての役割(いわゆる「管理会計」のスキル)を求めています。

では、管理会計のスキルを高めるには、どのように学べばよいのでしょうか?

経営企画やそれに類するポジションにいないと、OJTで身につけるのも難しいでしょう。
必要なのは「数字から企業・部門の健康状態を理解する力(会計センス)」になってきます。

本セミナーは、管理会計に必須の知識を学びます。月次決算、事業計画書の作成方法、予実管理の方法、「部門別損益計算」の実践、KPI、KPT、PDCAサイクルの応用方法や、損益分岐点・採算性を理解し業績改善に生かす手法などを身につけ、実践的に「会計センス」を磨きます。

「ルーチン業務ができる経理パーソン」から脱却し、「経営参謀として経営者やCFOから重宝される経理パーソン」を目指しませんか?

皆さまのご参加をお待ちしております。

¥15,000(税込)
eラーニング

管理会計実践

★★★★★ レビュー14件(平均4.5)

-----------------------------------------------------------------
実務で使えるExcelシートを使い
事業計画書、資金繰り予測表を作成する
実践的なセミナーです
-----------------------------------------------------------------

AIやRPAのテクノロジーの進歩により、ますます重要となる管理会計スキル。

定型業務をミスなく正確に処理できるスキルももちろん重要ですが、これからは財務諸表や申告書などが作成できる実務能力だけでなく、戦略的に経営判断ができる能力が求められます。

なかでも近年では、新型コロナウィルスの影響により会社経営の危機に直面し、企業自体も「借入金はいくらなのか」「資金がショートするまでの期間はどれくらいか」など、自社のお金の流れを把握し、事業計画の見直しや資金繰り表からどのような対策を講じればよいかなど、経営者からこれまで以上に経営判断に必要な情報を求められるシーンが増えたという声を伺います。

しかしながら、これまで財務諸表の作成をメインに担当していた経理パーソンにとって、事業計画書や資金繰り表をどのように作成し分析すればよいかがわからず、苦労した方も多いのではないでしょうか。

このセミナーでは、資金繰りを改善するための具体的な対策も説明するとともに、ある中小企業をモデルとして実際の事業計画書と資金繰り表のExcelシートを活用しながら、事業計画書と資金繰り表の作成方法から融資を受けてからの資金繰り表の活用法など、より実践的なスキルを習得します。

金融機関からの借入時にも困らない、しっかりした事業計画書、資金繰り予測表・実績表の作成方法を学び、予測不可能な事態が起こったときにも慌てず対処できる「頼れる経理パーソン」を目指しましょう。

皆さまのご参加をお待ちしております。

¥15,000(税込)